現代の消費者金融は、従来街金やサラ金などと呼ばれていた金融業者です。街金もしくはサラ金は多くの利息を取ることが有名のいわゆる高利貸しと呼ばれていた金融業者、しかしお金に困っているときなど利息のことをあまり気にせず利用する人が多くいたのも事実であり、現在ではこの時代にお金を借りていた場合には過払いが発生している可能性があるなど、法律事務所を中心に過払い金の返還請求を行っているところも少なくありません。

例え、利息が高めでも返済できる場合には問題がないのですが、今の時代は総量規制と呼ぶルールがあるため借入可能な金額は年収の3分の1未満、これが上限になります。そのため、既に退社から年収の3分の1に近い金額を借入している場合、審査を受けても通過できないこれを知らずに多数の会社に対して申し込みを行えば申し込みブラックの状態になることもあるため注意が必要です。

ブラックは個人信用情報に返済の遅延や滞納、自己破産などの債務整理を行った経験を持つ人の記録であり、ブラックの状態になっていると審査の際に必ず個人信用情報をチェックするため融資審査を受けることができない、例え少額融資でも審査落ちする可能性が高めです。ただし、ブラックの状態になっている人でも一部の金融業者は融資を行っているといわれており、申し込みをした人が返済能力があるなどと保証があれば借入できないわけではありません。例えば、過去に自己破産をして金融ブラックの状態になっているけれども、現在は安定した収入もあり返済能力がある、このように判断されれば少額融資であれば借入ができる会社もあります。

ちなみに、金融業者の一つに闇金と呼ばれるところがありますが、闇金は違法な利息を取る悪徳業者でブラックになっている否かなどに関係なく貸付します。ただ、闇金を利用すると返済しても元金が減らない状況に陥りますので、ブラックの状態で少額融資を希望される場合は合法で貸し付けを行っている会社を選ぶことが大切です。ブラック融資